スポンサーリンク

北海道民熱愛グルメ ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介されたご当地グルメ

スポンサーリンク

北海道民熱愛グルメ ケンミンの秘密

北海道のカレーを調査 22/3/31

札幌市【納豆スープカレー】

札幌市【みよしのぎょうざカレー】

・札幌市を中心に27店舗展開する熱愛カレーチェーン
・昭和42年創業の餃子専門店である。

帯広市【インデアンのカレー】

・帯広を中心に12店舗展開する熱愛カレーチェーン
・ベーシック、野菜、インデアンの3種類のルーから選べる
・トッピングを組み合わせる。
・鍋を持ってきてお持ち帰りをして、家で食べるのも定番

苫小牧【ほっきカレー】

・ほっき貝の漁獲量が日本一

【その他】

最果てに向かえ 道産子和スイーツを調査 22/3/3

【端午の節句に「べこ餅」】
・べこ餅とは、白と黒の餅が練り合わさったツートンの餅菓子
・上新粉、上白糖、黒糖のみでつくりあげる。
・元々、仏壇のお供え物から端午の節句でも食べられるようになった。
・名前の由来は、諸説あるが牛の白と黒の柄に似ていることから「べこ(牛)」になったという。

【ひなあられが「かりんとう」】
・北海道では”ひなあられ=かりんとう”!?
・ひなあられをかりんとうにしたもの
・パッケージの商品名称に「かりんとう」と表記されている!

1970年頃にはかりんとうのひなあられはあった。
それまでは、本州のひなあられがうられていたが、北海道では浸透しなかった。
浜塚食品がかりんとうのひなあられを売りだしてから、北海道にかりんとうのひなあられ文化が広まったと自負している。
炭鉱労働者が多かった北海道では甘いかりんとうが好まれた。

【北海道和菓子「わかさいも」】
・焼き芋に見立てているが、芋は一切使っていない。
・餡の部分は、大福豆、手亡豆と砂糖でつくる。
・芋の繊維らしきものは昆布で代用している。
・表面は、卵醤油でコーティングして焼いている。

1930年創業当時、北海道ではサツマイモが収穫できなかった。
焼き芋を食べさせたいという想いから、わかさいもが誕生

【中華まんじゅう=あんこ入りの和菓子】
・北海道の「中華まんじゅう」は、生地の中にあんこがたっぷり入った和菓子
・形は、丸じゃなくてどら焼きみたいな色合いのバナナのようなスタイル
・名前の由来は諸説あるが、小麦粉・砂糖・卵を合わせた生地を「中花種」と呼ぶからだという。

スポンサーリンク

2021年以前は 次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました