スポンサードリンク

岡山県民熱愛グルメ ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介されたご当地グルメ

スポンサードリンク

岡山県民熱愛グルメ ケンミンの秘密

県民熱愛グルメ 「津山ホルモンうどん」2019/8/1

・津山ホルモンうどんは、津山市内だけでも50軒もの店舗で提供されている。
・モツは、牛のモツを100%
・味付けは、味噌味が定番でホルモンは、小腸、ハツ、センマイなど様々な部位をミックスするのが基本
・基本は味噌味だが、塩だれで味付けした塩ホルモンうどん、醤油だれで味付けしたホルモンうどんを提供する店もある。
・ヨメナカセ(牛の血管) そずり(骨のそばの肉) 牛の干し肉など牛を余すことなく食べる

津山地域は古くから牛馬の流通拠点であり、新鮮なホルモンが手に入る環境であったことから50年ほど前から鉄板焼き店などで裏メニューとしてホルモン焼きにうどんを入れたホルモンうどんを提供

県民熱愛グルメ 「岡山のばら寿司」2019/5/16

・岡山のばら寿司は、具沢山で豪勢 海の幸満載
・好きな具を乗せるが欠かせないのはサワラとママカリの酢漬け
・昔ながらの製法を受け継ぐ岡山県の福寿司では、サワラを酢漬けにした酢ですし飯を作る。
・その酢飯に混ぜる根菜類は、サワラの出汁で煮込む。
・スーパーでは大量にお手頃で売っている。
・岡山のばら寿司は、岡山県民のハレの日のご馳走として親しまれているという。
・日本料理 吉備膳で”隠し寿司”、裏は錦糸卵だけ反対は贅沢な具材になっている寿司

岡山学院大学 中原眞由美さんのお話
岡山のばら寿司は一説によれば江戸時代の初め頃、備前岡山藩の藩主池田光政がひっ迫した藩の財政を立て直すために質素倹約を奨励し「食膳は一汁一菜」というお触れを出したことに対して庶民が「どうしても美味しいものが食べたい」と言う思いから、すし飯の中にたくさん恩具材を混ぜ込んで「一菜」にしてしまおうとしたのが始まりだといわれています。

県民熱愛グルメ 「カキオコ」2019/2/21

・カキオコは、牡蠣がたっぷり生地にのったお好み焼き
・岡山県備前市日生町が本場で20以上の店舗でカキオコを提供している。
・牡蠣を大量にのせて焼くことにより、牡蠣の旨味を生地全体に行き渡らせることが鉄則
・岡山県は、牡蠣の収穫量が全国第3位
 広島95634 宮城19061 岡山15461㌧
・日生町は岡山県の収穫量の40%を占め、そのため日生町では牡蠣をおすそ分けでもらう家庭が多いらしい

「ほり お好み焼き」の店主によると
1960年代、焼き損じの牡蠣をナイロン袋に入れて持ってきてお好み焼きに入れてもらったのがカキオコの起源だそうです。

県民熱愛グルメ 「えびめし」2018/4/5

・「えびめし」は、岡山市内だけでも約50軒以上で提供されている。
・最大の特徴は、独特のコクと香ばしさを生むソース そして錦糸卵が乗っていて黒い米が特徴的
・人気の専門店では、甘みのないカラメルソース、甘酸っぱいケチャップ、隠し味のスパイスで特製ソースに…
・トッピングの錦糸玉子の代わりにトロトロの卵で包み込んだ「オムライスのえびめし」も、岡山県民にとっては大定番

コメント

タイトルとURLをコピーしました