スポンサーリンク

富山県民熱愛グルメ ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介されたご当地グルメ

スポンサーリンク

富山県民熱愛グルメ ケンミンの秘密

今が旬!富山湾の宝石「白えび」21/7/29

・白えびは日本近海に生息するが、漁を行っているのは富山湾オンリー
・急に深くなる藍瓶(あいかめ)と呼ばれる海底谷 推進およそ300mに生息
・4月~11月が漁期 年間600万トン水揚げされる。
・白えびの刺身は、絡む気に手間がかかるため値段が高い
・家でなくお店で白えびの刺身を食べるのが定番

漁業協同組合長の話
富山県で白えびが取れるようになったのは明治30年後半と言われている。
漁師が間違って網を深い海底に落としてしまい、その中に白えびが偶然入っていた。
当時は、鮮度を保つのが非常に難しく、漁師しか食べれなかった。
25年ほど前から冷凍伎ずつが発達し、白えびの流通が可能になり販売する店舗が増加し、富山が誇る名産品になったと考えられる。

県民熱愛グルメ 「つゆ焼きそば」18/11/8

・海鮮王国 富山県の熱愛グルメ
・富山ブラックは、黒いスープの見た目そのままにスープがかなり濃く塩辛いのでご飯と一緒に食べるのがマスト!
・黒い秘訣は、豚肉と醤油のみで煮詰めた醤油ダレ! 長時間煮詰めることにより黒みが増す。
・富山県では、味付けの傾向が東部=関東風、西部=関西風とされている。
・高岡市を含む西部では、スープが飲め「まろやかな味わいの富山ブラック」が多い

県民熱愛グルメ 「昆布締め」17/7/27

・富山県は、こんぶ支出金額3年連続1位である。
・伝統の料理法「昆布締め」は、刺身を昆布で締めることで魚にうま味を加える。
・県民の昆布締めの定番は、「サス」と呼ばれる赤身のマカジキ
・白身魚よりも赤身のサスの昆布締めが好き
・昆布締めには、昆布締め用の昆布を使うのがトレンド
・昆布締め用昆布は、刺身にうま味が程よく浸透するように一定の厚さを保った昆布を使用している。
・淡泊な魚介類なら基本的に何でも昆布締めする。
・他の魚貝類や肉、野菜、豆腐の昆布締めを出すお店も!ある。

富山短期大学の深井さんの話
富山で昆布締めが食べられるようになったのは江戸時代中期頃
昆布がとれない富山で消費されるのは日本海側で発展した北前船の影響で、米や薬を富山から送る代わりに北海道から上質な昆布が運ばれたそうです。
また富山湾近海は豊富な漁場として栄え、冷蔵方法の無い時代に保存する方法として、昆布で生魚を締めたと考えられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました