スポンサーリンク

奈良県民熱愛グルメ ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介されたご当地グルメ

スポンサーリンク

奈良県民熱愛グルメ ケンミンの秘密

県民熱愛グルメ 「三輪そうめん」19/9/12

・日本三大そうめんの一つ「三輪そうめん」 兵庫:播州そうめん 香川:小豆島そうめん
・奈良県には、三輪そうめんメーカーが桜井市を中心に県内に70軒以上ある。
・一般的なそうめんに比べて超極細 60秒で茹で上がり
・三輪そうめん最大の魅力は、細さとコシ。コシが強いので時間が経っても伸びにくい。
・三輪そうめんを作る際に出る端っこを「ふし」 通常は商品にならないところ
・「ふし」は、奈良県民にとって味噌汁の具の大定番で完成した味噌汁に入れるだけという手軽さが魅力!
・三輪そうめんは細ければ細いほど高級! 極上「三輪そうめん」は、10000円オーバーも
・神杉(かみすぎ:約0.5㎜)、緒環(おだまき:約0.7㎜)、瑞垣(みずがき:約0.9㎜)、誉(ほまれ:約1.2㎜)と呼ばれている。
・ソーメンにもヴィンテージがある!? 1年物:古物(ひねもの) 2年物:大古物

三輪素麺工業協同組合
”そうめん”は、奈良が発祥の地
1200年ほど前に日本最古の神社 大神神社のの宮司の次男が基金に苦しむ人々を救うため三輪の里に小麦を撒き実った小麦を使って、そうめんの原型となる「索餅(さくぺい)」といわれるものを作った。
中尾彬さんの”ねじねじ”に似たようなもの
三輪の地は、二つの川の豊富な水と気候風土を生かして良質な小麦が栽培され、盛んにそうめん作りがされ、江戸時代になるとお伊勢参りの宿場町として栄え訪れた参拝者は三輪の地でそうめんの製法を学び全国に広まった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました