スポンサードリンク

香川県 ケンミンの真実 ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介された真実

スポンサードリンク

静岡県 ケンミンの真実 ケンミンの秘密

あなたは本当に讃岐うどんを知っていますか!? 静岡県民の真実19/7/12

・うどん生産量 断トツ1位 1位香川59643t 3位埼玉24720t 3位17523t
・うどんに対する金額も、人口1万位あたりの店舗数も1位 コンビニよりも多い?
・香川県は日本一面積が小さい県にもかかわらず、うどん屋さんが約600軒もある。
・多くの香川県民は「かけうどん」を注文!「釜玉」を頼むのは県外の人多い?
・香川県民は、うどんはあまり噛まずに食べて、喉ごしを楽しんでいる!?
・かけうどんには「温かい」「冷たい」のほかに、冷たい麺に熱いダシをかける「ぬるい(冷や熱)」もある!ぬるいは、ほとんどの店で注文できる!
・香川県のうどん店には、うどんと一緒におでんを出している店が多い! 甘辛い味噌をかけたおでんを食べるのも定番!

香川県製粉製麺協同組合の吉原良一さんの話
古くから香川は小麦の生産地で、江戸期にはうどんが食べられていました。
現在のようなうどん店が誕生したのは、昭和40年代以降、その頃、小型の製麺機が県内で開発されたことやうどんに最適なオーストラリア産の小麦が輸入されるようになったことで製麺の傍らお客さんにも提供するいわゆるセルフ方式の店が増えてそれが県内に根付いていきました。
その後、昭和45年の大阪万博で讃岐うどんを販売したところ来場客に大人気となって全国に一躍その名が知れ渡る。
さらに1980年代に地元タウン誌で特集で讃岐うどんが特集された事で県内外から観光客が訪れるようになり全国的ブームとなった。

コメント