スポンサーリンク

青森県 ケンミンの真実 ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介された真実

スポンサーリンク

青森県 ケンミンの真実 ケンミンの秘密

ねぶたもすげぇばってラーメンもめぇからけぇ 青森県民の真実 19/10/31

中華麺の賞金額

2014年2016年
1位青森市4925円1位青森市5636円
2位山形県4856円2位盛岡市5274円
3位盛岡市4818円3位秋田市4896円

カップ麺の消費金額

2015年2016年2017年
1位青森市6215円1位青森市6026円1位青森市6728円
2位新潟市5689円2位新潟市5509円2位新潟市6051円
3位仙台市4920円3位富山市5232円3位福島市5599円
青森市

「濃厚煮干しラーメン」
古くから陸奥湾で揚がったイワシの煮干しを使った住んだスープの煮干しらーめんを食べてきた津軽地方
青森市で濃い煮干しラーメンが食べられるようになったのは約15年前
人気店「中華そば ひらこ屋」ほか、青森市内だけでも15軒以上で提供されている。

「味噌カレー牛乳ラーメン」
味噌ラーメンにカレー粉・牛乳を加えたラーメン
「味の札幌 大西」などで提供
昭和40年代に、中高生の間で味噌ラーメンに様々な調味料を入れるのが流行り、味噌・カレー粉・牛乳の黄金の組み合わせが誕生したという。

五所川原市

「しじみラーメン」
青森県は、ヤマトシジミの漁獲量が全国第2位
十三湖のほとりにある人気店「ドライブイン 和歌山」では、十三湖産の大和しじみを使用
しじみラーメンは、二代目店主が約40年前に開発
現在、十三湖周辺と五所川原市内の15軒ほどで提供されている。

弘前市

「中みそラーメン」
「中三百貨店 弘前店」の地下1階フードコートで提供される味噌ラーメン
大量の野菜とスープにニンニク・生姜・砂糖を加え甘い味付けが特徴
40年以上にわたって弘前市民に愛されている。

東北最強フェスティバル ねぶたの謎に迫る! 青森県民の真実19/9/19

「青森ねぶた祭」(開催日 8月2日~7日)

青森:勝鬨のねぶた よろこび
・巨大な人形型のねぶたを毎年、「ねぶた師」という専門の職人が武将や歌舞伎などを題材に毎年新作をお披露目、その中から大賞が選出される。
・跳ねて踊る「跳人(はねと)」が、「ラッセラー」の掛け声で祭りを盛り上げる。
・跳人は正装(白地の浴衣・タスキ・花笠など)を着ていれば誰でも参加可能

2019年 ねぶた大賞
「紀朝雄(きのともお)の一首(いっしゅ) 千方(ちかた)を誅(ちゅう)す」
ねぶた師:竹浪 比呂央 製作費2000万円以上

女性唯一のねぶた師:北村麻子

「弘前ねぷたまつり」(開催日 8月1日~7日)

弘前:出陣のねぷた 厳かに
・扇型のねぷたが登場。「ヤーヤードー」の掛け声で祭りを盛り上げる。
・城下町として栄えた弘前は、道が狭く信号機や標識など障害物が多いため、花形の上乗り(ねぷた運行の指揮役)の指示で、ねぷたを障害物から回避する。
・ねぷたを見所は ねぷたの裏側の美人画

「五所川原立倭武多」(開催日 8月4日~8日)

五所川原:戦中のねぷた 荒々しく
・毎年、35台の巨大人形ねぷたが出陣し、中型・小型のねぷたと共に祭りを盛り上げる。
・五所川原立倭武多は高さが特徴
・巨大人形ねぷたは、ビル7階建て相当の高さ約23m、総重量約19トン。これを人力で引いていく。

ねぶた・ねぷた
奈良時代に中国から伝わったねむり流しが語源
ねむり ⇒ ”ねむた”となり ⇒”ねぶた”や”ねぷた”になった。
江戸時代の記録にも”ねぶたまつり”のことが書かれているが、現在の形になったのは戦後の観光用のイベントとしてことである。
青森・弘前・五所川原以外にも県内30カ所以上で”ねぶた””ねぷた”が行われている。

我慢強いので「痛い寒い苦しい」と言った事がない!? 青森県民の伝説2017/10/12

学校法人千葉学園 向陵高等学校の校歌に「忍びて鍛う忍びて鍛う」
ほうりん保育園の保育目標に「我慢強い子」
初代若乃花の著書に「人間、辛抱だ」というタイトルを付けるなど我慢強さを植え付けていて?

・青森県民は、幼少期からとても雪や教育で我慢強かった!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました