新説!所JAPAN なんで日本人はポイ捨てをしないのか?宗教的なのか周りの目なのか

スポンサードリンク

サッカーワールドカップでも話題になった日本人サポーターのゴミ拾い。
しかし、渋谷のハロウィンとかでは大量のごみを捨てたりし社会問題に。

このような2面性をもつ日本人ではありますが…
外国人旅行者に日本のいいところ聞くとゴミ箱もないのにゴミが落ちてない。

ゴミ箱が無くなったのは、23年前の地下鉄サリン事件以降 テロ対策のためなどで撤去されていきました。

ほか、公園などにもゴミ箱はありましたが、家庭ごみを捨てる人が増えるたため撤去する自治体なども増えましたね。

清潔な観光都市ランキングTop5
1位 東京
2位 シンガポール
3位 ベルリン
4位 ウィーン
5位 ドバイ

シンガポールは、タバコ・ゴミなどのポイ捨てには罰金ありますし…
東京なんて禁煙指定地域の喫煙に罰金はあってもたばこのポイ捨てには罰金ない?
東京都千代田区などはじめポイ捨てにも罰金などの処置をするところも増えてきているみたいですね。

外国観光客も多い銀座5丁目~日本橋の1.5㎞にはごみ箱が一つも置かれていません。
ニューヨークの世界屈指の高級ショッピング街 5番街mp1.5㎞には66個もありますが…ゴミも散乱しています。

なんで日本人はポイ捨てをしないのか?

「日本人がポイ捨てをしないのは神様や世間の目など目に見えないものを意識しているから」

日本人は、けがれ感をきらい
清掃、きれいな状態を宗教的に好む人種でである。

家を汚すと厄、貧乏神が付く
掃除をしなかったら経済的に貧乏になるという考え方の持っていますよね!?
きれいにすると貧乏神が住めなくなってでていく。

 
日本人は、いつも自分が誰かに見られているという感覚を持っていて世間の目に評価されていると意識的に思っています。
ですので人がいる処ではポイ捨てをしないが人が居なかったり物陰では捨ててしまうこともある!?

歴史学者や教授の考えです。

コメント