スポンサーリンク

京都府 ケンミンの真実 ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介された真実

スポンサーリンク

京都府 ケンミンの真実 ケンミンの秘密

千年の都 禁断の粉もの愛 京都府の真実2020/3/5

・京都府民おすすめのお好み焼きは「まんぼ焼き」
・生地が薄く焼きそばをトッピング 味付けした焼きそばを使うところが、広島のお好み焼きとの違いだという。
・京都のお好み焼きは、「べた焼き」と呼ばれる重ね焼きスタイルが主流
・”まんぼ焼き”は、べた焼きの進化形だという。
・京都のたこ焼きは、生地にみじん切りのキャベツを入れるのが定番
・しかも、焼く時間は15分~20分かけて、表面をカリカリに焼くのが京都スタイルだという。

ソースの年間支出金額
1位 京都市 1190円
2位 広島市 1111円
3位 徳島市 1000円
4位 松山市 968円
5位 岡山市 956円
13位 大阪市 834年

お好み焼き・焼きそば・たこ焼き店の店舗数
1位 広島県 56軒(人口10万人あたり)
2位 兵庫県 32軒
3位 大阪府 30軒
4位 徳島県 26軒
5位 高知県 25軒
6位 京都府 22軒

京都産業大学 准教授・笹部昌利さんのお話
京都の粉もん文化は、大正時代の東京ででんどにゃきという名称で食されていたものが大きく影響すると考えられる。
”どんどん焼き”は、豚肉や牛肉など様々な具材を小麦粉の上に重ね焼く、大阪では自分で焼いて楽しむ”混ぜ焼き式”のお好み焼きとして普及。
京都では、そこにたくさんの具材をのせてから焼かれていく”べたやき・まんぼ焼き”に繋がっていて、現在まで親しまれていると考えられる。

学生の多かった京都では餡かなキャベツを使ってボリュームを増したキャベツ入りたこ焼きが安くて腹持ちよく親しまれてた。

千年の都 心に秘めた牛肉愛 京都府の真実2017/10/13

・京都市は牛肉購入金額が全国1位で37,384円
・京都市内には焼肉店が約280軒も存在する。
・昭和40年創業の焼肉店「天壇」ではロースが定番
・タレは、牛骨スープに酢・醤油などを加えたもの。
・タレは味付けというより、肉の脂を洗うという認識らしい!?
・家庭で食べるすき焼きは、ザラメを溶かして醤油を加え肉を焼いて卵ににつけて食べる。
・今、京都ではステーキ丼ブームが起きているて行列ができる店も…

コメント

タイトルとURLをコピーしました