スポンサーリンク

熊本県民熱愛グルメ ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOW極で紹介されたご当地グルメ

スポンサーリンク

熊本県民熱愛グルメ ケンミンの秘密・極

ケンミンめしドロボー祭り「御飯の友」 23/11/23

ごはんがどんどん進む最強パートナー、ご当地ごはんのお供
<御飯の友>
大正2年に誕生した日本最初のふりかけと言われている。

御飯の友本舗(株)フタバ ふりかけの製造販売
株式会社フタバは熊本のふりかけ製造販売会社です。御飯の友、味ごま等おいしいふりかけ あさ漬けの素、オロチョン漬などお漬物の素などを製造販売しております。おいしい御飯のおともをぜひご賞味下さい。

「とんこつラーメンなら絶対負けないモン!!県民の真実 23/11/23

・熊本ラーメンの味の決め手は、焦がしニンニク油の”マー油”
・あっさりながらマー油が効いたとんこつラーメンは、熊本市を中心に約300店舗で提供している。
・熊本とんこつラーメン発祥の地は、熊本県玉名市!?
・玉名ラーメンは、こってり濃厚豚骨スープ
・県南部の人吉市には、マー油を大量に入れた黒い豚骨スープのラーメンも好き。

  • 【紹介されたお店】
    ・熊本ラーメン 黒亭 本店(食べログ) 4店舗展開で一番有名店
    ・天琴(食べログ) 熊本とんこつ発祥店
    ・好来ラーメン(食べログ) どす黒豚骨ラーメン

味千拉麺(ホームページ)のチイちゃんこと副社長の重光悦枝さんの話
熊本県を筆頭に全国68店舗で展開 海外に637店舗展開

熊本で豚骨らーめんと広めたの父である重光孝治含む木村一・山中安敏の3人
昭和27年「中華そば専門店 三九(芸店)」が玉名市に進出してきて、3人で食べにい行ったら、すごくおいしくて衝撃を受け広めたいと思った。
昭和28年に木村一は松葉軒(閉店)、昭和29年に山中安敏は「こむらさき」、昭和43年に味千拉麺を熊本市に創業し、熊本県内にとんこつラーメンが広まっていった。

【味千拉麺】特撰味千ラーメン 2食入×1袋
味千拉麺 通販事業部
¥ 500(2024/01/23 09:24時点)

「上天草市周辺に住む熊本県民は、海でヒトデをとって食べる!?」23/3/30

・上天草の方言で「ガゼ」と呼ばれるヒトデを塩茹でし、卵を食べるという。
※危険なヒトデもあるので注意が必要

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」21/12/16

熊本グルメの定番の馬刺しをはじめ、からし蓮根、銘菓・いきなり団子などがずらり並び、2階にはレストランが併設され、熊本グルメが堪能できる。

銀座熊本館
銀座熊本館ホームページです

親善大使・コロッケと上國料萌衣(アンジュルム)が選ぶ「真の熊本グルメBEST5」

1位:アベックラーメン
昭和35年から熊本県民が熱愛するインスタント麺
生麺のようなツルツルモチモチ食感が魅力

2位:御飯の友
大正2年にカルシム不足を補うため、熊本の薬剤師が開発した日本初のふりかけ

材料の半分近くが数種類のいりこ
1か月の製造量は、ご飯茶碗約330万食分

3位:リキュールマロン
1962年、熊本で最初の洋菓子店「スイス洋菓子店」で誕生
多い日で1日1000個 年間10万個売れる人気スイーツ

熊本は、栗の生産量が全国2位

SWISS洋菓子店
熊本で最初の洋菓子店SWISS(スイス)は、自慢の生クリームを使ったケーキや素材を厳選した焼き菓子などのお菓子を販売しております。県内外のお客様に幅広く喜んで頂ける洋菓子を店目指しています。

4位:ジューシーみかん
熊本県産みかんで作った果汁100%のジュース
1973年から学校給食にも採用されている。
パッケージの絵は 小中学生の絵画展入賞作品、これに選ばれることがステータス

熊本はミカンの生産量が全国4位

5位:南関あげ
県北部・南関町で江戸時代初期に誕生した熊本伝統のからからに乾燥させた油揚げ

阿蘇で誕生した絶品グルメ「あか牛丼」21/11/25

・阿蘇地方で20軒以上、熊本県で50軒以上で提供されている。
・最大の魅力は、やわらかい肉質と程よい脂肪のバランス
・あか牛とは「くまもとあか牛」と呼ばれ「褐毛(あかげ)和種」の一種
・ミネラス豊富なカルデラ大地の野草を摂取し、極上の肉質となる。
・あか牛丼にはわさびと肉味噌が添えられていることが多い。
・ミディアムレアに仕上げるには裏返すタイミングが重要

いまきん食堂店主の話
あか牛丼は、2005年頃、平成の町村合併により阿蘇氏が生まれ、あか牛を使った阿蘇の名物料理を作ろうと内牧商店街の皆で考案
東証は3店舗で提供、今では多くのお店で提供されるようになった。

ケンミン春のパン祭り 「ネギパン」20/4/16

【他 長野県:牛乳パン 長崎県:玉屋のサンドイッチ】
・ネギが生地に練り込まれ、鰹節を挟んだ「ネギパン」
・発祥は、昭和27年創業の「髙岡製パン(食べログ)」(熊本市東区)で販売
・味の要は、ネギや鰹節に合うように少し甘めに味付けしたオリジナルソース
(マヨネーズ・ソース・ケチャップをブレンド)
・ネギ嫌いの人でもネギが食べられるように約30年前に髙岡製パン店主が考案し改良を加えて、10年以上にわたり県民に愛されている!
・当初のネギパンは、コッペパンに炒めたネギやベーコンを挟んでいた。

県民熱愛グルメ 「からし蓮根」19/1/24

・からし蓮根は、専門店を中心に熊本県内の50店舗以上で提供されています。
・各店それぞれにレンコンの食感やからしの風味が異なる。
・味の決め手は、からし味噌でからしと味噌のブレンドが決めてで辛さの中にコクがある。
・マヨネーズや九州の甘い醤油やなどで辛さをマイルドにするのも定番の食べ方。
・唐揚げやチーズ焼きなどアレンジ料理もお手軽で人気 味付けは不要

森からし蓮根副社長の森久一郎さんの話
熊本城主の細川忠利公が体調を壊しがちだったため城内の料理人に「レンコンを使った料理を考案せよ」と命じたそうで、平五郎がレンコンに和ガラシと麦味噌を合わせたからし味噌を詰めて揚げて進呈したら忠利公が気に入ってくれた。
レンコンの断面が細川家の家紋である九曜紋に似ている事から一般には出回らなかった。
明治以降、からし蓮根が県内に広まると細川家の愛した料理という事で縁起物として好まれていった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました