スポンサーリンク

栃木県民熱愛グルメ ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOW極で紹介されたご当地グルメ

スポンサーリンク

栃木県民熱愛グルメ ケンミンの秘密

「いちご王国最前線」22/1/27

・いちご収穫量 53年連続トップ
 1位 栃木県 22700t
 2位 福岡県 16440t
 3位 熊本県 12200t
 4位 長崎県 10500t
 5位 静岡・愛知 10400t
・県内のいちご産地・益子町には、北関東最大規模のいちご農場「益子いちご団地」がある。
・益子町と真岡市で県内いちごの約1/3を生産しているという。
・最新品種「とちあいか」をはじめ、栃木原産のいちごは6種類あり、全国トップクラス!
・真岡市の道の駅「にのみや」では、いちごが大量陳列し、ワンコイン(500円)を切るほどリーズナブルな価格!
・いちごの人気スポット「いちごの里」には、イチゴ狩り・パティスリーなどの施設が揃っている。
・パティスリーにはいちごスイーツがずらり!

県知事の話
栃木県が日本のイチゴ栽培に様々な革命を起こして生きた。
昭和43年いちごの株の冷蔵技術を開発
戦前戦後は、5月以降しか食べられなかったいちごが2月ごろから食べられるようになり、イチゴが冬の食べ物になった。
これは、栃木県の栽培技術にある。
昭和60年女峰という品種を開発し、クリスマス前の出荷が可能になり、クリスマス需要で年内のいちごの生産量が激増
2008年 日本唯一のいちご研究所開設、年間約1万株のいちごから栽培技術・新品種を研究
昨年4月には栃木農業愛学校に日本初のいちご学科を創設し2年間学べる。

北関東焼きそばベルト地帯 栃木県「焼きそば」22/1/13

栃木県内に5社のソーサウ産出事業所が集結

・栃木県一帯は焼きそば専門店が多数存在
・地域により焼きそばが内容が違う。

<県南地域>足利/佐野/下野
・ホテト()入り焼きそば
・昭和20年代、ボリュームを増すために誕生
・現在は、県南の30店舗ほどで提供されている。

<県央地域>宇都宮/鹿沼
・宇都宮焼きそば=そーす後がけが人気
・鹿沼焼きそば=細麺でひき肉のせ

<県北地域>那須塩原
・スープ入り焼きそば

  • 【紹介されたお店】
    釜彦

小麦収穫量
1位北海道 2位福岡県 3位佐賀県 4位愛知県 5位三重県
6位群馬県 7位滋賀県 8位埼玉県 9位熊本県 10位茨城県 

高崎商科大学・特任教授 熊倉浩靖さんの話
江戸時代から、昭和50年代まで小麦の収穫量が日本一だった群馬県を筆頭に来たkん等ではうどんをはじめ様々な面文化が定着
栃木・耳うどん 群馬・おっきりこみ 茨城・すいとんなど
中でも夜会そばは高度成長期に出稼ぎできた労働者によって”手軽で安く麺が伸びない”という理由から人気に火が付き、北関東一体は焼そばベルト地帯になったと考えられる。

スポンサーリンク

2021年以前は 次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました