スポンサードリンク

朝の!さんぽ道 横浜市中区 元町・中華街駅出発 横浜中華街を縁起物を探しながら渡部陽一が開運さんぽの足取り

スポンサードリンク

横浜市中区 元町・中華街駅出発 横浜中華街を縁起物を探しながら渡部陽一が開運さんぽの足取り

元町・中華街駅START→

明日(2019年2月5日火曜日)から、中国のお正月にあたる春節を迎えます。
この時期が 1年でいちばん盛り上がる横浜中華街
歴史が古く 多くの縁起を担ぐ中国の縁起物を戦場カメラマン渡部陽一さんが探します。

巷では、極上カメラマンともいわれていますね?

中華街の方々は どのように春節の期間を過ごすのでしょうか?
世界最大規模のチャイナタウン横浜中華街 2月4日は中国では春節の大晦日

善隣門START→中国海底料理 山東へ

中国海底料理 山東
住所:神奈川県横浜市中区山下町150-3
ミシュランガイドにも掲載された中国家庭料理のお店
店舗情報:食べログ

中国では、大みそかの日には 家族みんなで水餃子、年越しそばならぬ年越し水餃子を食べます。
ニラたっぷりのあんに自家製の皮で包んだ水餃子は、 一日で4000個も売れるそうです。

なぜ水餃子を食べるか…
水餃子は、元宝(清時代1912年頃まで使われていたお金)という中国の昔のお金に形が似ていることから金運上昇
更に、餃子には子の文字が入っていることから、子孫繁栄の願いが込められているそうです。

ココナッツの粉末と香辛料を3時間炒めて作る秘伝のタレでいただく。

中国海底料理 山東~横浜関帝廟へ

横浜関帝廟
住所:神奈川県横浜市中区山下町140
「三国志」で知られる武将 関羽が祭られている 中華街のシンボル

春節のカウントダウンが行われます。

横浜中華額院で春節の獅子舞(厄払い)授業を見学
中華民国 建国の父「孫文」によって明治31年に設立された日本初の中華学校
幼稚園児~高校生までおよそ500人の子どもたちが通っています。
伝統文化の授業で 龍舞 獅子舞をやっているそうです。

中国で獅子舞は、神の使いとして邪気を払い福をもたらすといわれ、春節の間 中華街のお店を1軒1軒回り、その獅子舞に遭遇するだけでも縁起がいいといわれています。

横浜関帝廟~パンダまん・雑貨「老維新」

老維新(ローイシン)
住所:神奈川県横浜市中区山下町145
2000点以上の中国雑貨を扱うお店

パンダまん
チョコカスタード300円
ブラ角煮350円
肉300円
抹茶カスタード320円
イチゴカスタード320円
激辛320円 など爆竹や中華雑貨のお店

結婚していなければ 中国では大人でもお年玉をもらえるそうです。
結構してなければ子どもなのだそうです。

今年は、「豚年」なので豚が縁起がいいそうです。
中国では、いのしし年が豚になるそうです。
中国から日本に干支が日本に伝わってきた67世紀の飛鳥時代頃には豚がいなかったから猪に…

老維新~同發新館売店へ

同發新館売店
住所:神奈川県横浜市中区山下町164
同發新館売店

黒ゴマあんを 白玉で包んだ春節スイーツ
黒ゴマあん入り白玉420円(冬の薬膳 しょうが入り)
(中国名 湯圓:タンユェン 家族団欒と同じ発音になるそうです。)

春節の終わりの15日目の元宵節(げんしょうせつ)にいただくものだそうです。
一家団らん家族円満を願います。

コメント