スポンサードリンク

埼玉県&石川県&沖縄県 3ケンミン秘密のそうめん祭り簡単ご当地グルメ

スポンサードリンク

3ケンミン秘密のそうめん祭りご当地グルメ 2017/8/24

日本の夏といえばそうめん!?
埼玉県&石川県&沖縄県のそうめんで簡単に作れる全国の激ウマメニュー!?

埼玉県 「冷や汁そうめん」

・みそ味のめんつゆを氷でキリッと冷やしてそうめんをつけて食べる。
・具材は、夏野菜のきゅうり・大葉・みょうががマストアイテム
・トマトやナスなどの夏野菜を加えるのも定番

獨協大学の秋本弘章教授の話
冷や汁は全国的に鎌倉時代から食べられていた夏の料理
埼玉県は、古くから小麦の産地でうどんを食べる習慣があり、冷や汁もご飯や麦飯にかけるのではなく、うどんや冷や麦にかける文化が根付いている。

石川県 「ナスそうめん」

・そうめんの上にナスの煮浸しをのせるだけ
・主食ではなくご飯のおかずになる煮物料理のカテゴリにー入る。
・おかずになる「煮物タイプ」とおつゆ代わりの「汁物タイプ」がある。

北陸大学の長谷川孝徳教授の話
ナスそうめんは少なくとも江戸時代から食べられている。
かつて能登半島の輪島周辺では麦の生産が盛んに行われ、全国でも有数のそうめん処で、ナスも加賀野菜があるように古くから生産されていたため、夏にはそうめんとナスが一緒に食べられるようになったと考えられています。

沖縄県 「ソーメンチャンプルー」

・そうめんとツナやニラなどの具材を一緒に油で炒めた人気チャンプルー料理
・沖縄では、ソーメンチャンプルーは主食でもあるし、おかずにもなる万能料理
・味のベースは、沖縄県民熱愛のツナ缶でサラダ油などを使わずツナ缶を油ごと炒めてトゥーナー(ツナ)テイストに

沖縄の食文化に詳しい田崎さん話
ソーメンチャンプルーは、15世紀の琉球王朝時代から食べられているとされいて、そうめんは保存食として重宝されいた。
台湾の食文化の影響でビーフンの文化と保存のきくそうめんを代用し生まれたと考えられている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました