スポンサーリンク

埼玉県民熱愛グルメ ケンミンの秘密 秘密のケンミンSHOWで紹介されたご当地グルメ

スポンサーリンク

埼玉県民熱愛グルメ ケンミンの秘密

埼玉県「衝撃×絶品の豚肉グルメ」21/5/27

食事が美味しい県 12年連続最下位 グルメ不毛の県

・埼玉県はブランド豚が 12種類以上ある。
・日本のブランド豚の先駆けゴールデンポークも埼玉
・東松山市の焼き鳥=焼き豚である。
・東松山市の焼き鳥店は43店舗 その半分は豚肉しか扱わない。
・豚串は、ねぎま(カシラ)スタイルがスタンダード
・から味噌を漬けて食べるのがスタンダード

・秩父市(人口6万人)は、ホルモン店が38軒とコンビの23軒より多い
・ホルモンと言えばも、豚である。
・秩父で焼肉&BBQといえば!豚ホルモン
・年間400万人も訪れ15施設で展開される豚肉のテーマパーク(サイボク)までもがある。

豚肉の年間支出金額(5年平均)
1位 横浜市   34695円
2位 さいたま市 34072円
3位 新潟市   34052円
4位 相模原市  33469円
5位 福島市   33308円

昭和30年代、肉は貴重な食材だった。
あまり食用とされなかった”カシラ肉”を食用センターから安く仕入れ、「やきとり」と呼び屋台で売ぅったのが始まり。
朝鮮半島出身の方が、コチュジャンを参考に辛味噌を考案し、現在のスタイルが定番となる。

豚肉好きの埼玉県人は、一説によれば秩父山地に生息するイノシシを古くからよく食べていた名残
豚肉のみそ漬けも元々はイノシシ肉を保存するために考案されたもの
秩父の一大産業のセメント業であったことから、安くてスタミナたっぷりの豚のホルモンが労働者の方々に愛され、町中にホルモン専門店が増えたと考えられる。

埼玉県「肉汁うどん」21/1/28

・2020年誕生 肉汁うどんのキッチカーが走り出した。
岩崎食品工業の直売のセットが人気
・現在の提供店は550軒以上

食べ放題店舗による

店舗・お品書き
店舗一覧 ※店舗名をクリックすると店舗の欄まで移動します。堀兼総本店 新狭山店 【食べ放題店舗】川越池辺店 【食べ放題店舗】東松山店 大井武蔵野店所沢プロぺ店 新所沢店 小牧インター店 富士見下南畑店 豊田四郷店 鈴鹿R23号店 ビバモール

小麦の一大産地だった武蔵野台地
武蔵野うどん
きのこ汁うどん・肉汁うどん・なす汁うどん
2015年以降 埼玉県ではうどんの生産量が全国第2位ということが見直され県も後押ししうどん王国埼玉をスローガンで掲げている。
うどんサミット 2017~2019年に埼玉県で開催しPRする中で肉汁うどんが人気

埼玉県民 熱愛チェーン店20/11/5

ブランド総合研究所「地域ブランド調査」食事がおいしい県
・調査12年連続全国最下位

・カフェ ルーパン「ピザハウス」
・埼玉県内に8店舗を展開するピッツァとパスタのチェーン店
・ピザのサイズは、ドリーム(大) ハッピー(小)
・本格派なのにリーズナブル
・ボンゴレ(赤)パスタ イカ納豆サラダアンチョビドレッシングが人気
・ルーパンの由来創業者が互換と響きだけで適当につけた店名

2代目社長の話
「ルーパン」は昭和48年に熊谷市で1号店をオープン
創業者が東京六本木(現在は新橋店のみ)にあった昭和29年創業「ニコラス(食べログ)」というピザやで働いていた。
その頃、埼玉県ではピザ専門店は相当に珍しかったがニコラスで得た技術と知識をもとに埼玉県で始めたらケンミンのみなさミニ認めていただけるようになった。

奈良&埼玉の逆襲 下克上グルメ20/3/5

食事のおいしいイメージの都道府県ランキング
1位 北海道
2位 福岡県
3位 大阪府
4位 香川県
5位 新潟県
6位 京都府
最下位 奈良県&埼玉県

埼玉県「肉汁うどん」
埼玉各地で個性的なうどんが存在する中、「肉汁うどん」に注目! 埼玉の広範囲で提供され、その特徴は大量の豚肉とネギなどが入った醤油ベースのつけ汁。温かいつけ汁に、冷たいうどんをつけて食べる。

奈良県「天理ラーメン」
・奈良県内に6店舗ある「彩華ラーメン」
・奈良県内に10店舗ある「天理スタミナラーメン」
・この二つのお店で提供しているラーメンを、奈良県民は「天理ラーメン」と呼ぶ。
・「彩華ラーメン」では、ニンニクがたくさん入った醤油ベースのスタミナラーメンを提供

埼玉県「肉汁うどん」15/5/4

・埼玉各地で個性的なうどんが存在する中、「肉汁うどん」に注目
・埼玉の広範囲で提供され、その特徴は大量の豚肉とネギなどが入った醤油ベースの温かいつけ汁に、冷たいうどんをつけて食べる。

うどん生産量
1位 香川県 38600t
2位 埼玉県 22350t
3位 群馬県 12645t

県民熱愛グルメ 「みそポテト」18/8/9

・みそポテトは、ジャガイモの天ぷらに甘味噌ダレをかけた秩父地方ご当地グルメ。
・秩父地方だけで100軒以上の提供店が存在し保育園のおやつでも食べられているご当地グルメ
・ジャガイモを一度茹でてから揚げるので生のまま揚げるフライドポテトとはまったく別物でホクカリッの食感を両立している。
・晩ご飯のおかずとしても大定番で家庭によっておやつにマイルドな白味噌派、お酒のつまみに甘塩っぱい赤味噌派が存在!
・昭和の初期から食べられていたとされていて当時、農作業の合間にジャガイモに味噌をつけて食べられていたという。昭和40年前後から各家庭に油が復旧し始めて砂糖も入ってき腹持ちを良くするためにジャガイモが天ぷらに味噌より食べやすい砂糖を加えて今の形に!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました