スポンサーリンク

二軒目どうする?~ツマミのハナシ~ 乾貴美子と「きょうすけ」で語り尽くす

スポンサーリンク

二軒目どうする?~ツマミのハナシ~ 乾貴美子と「きょうすけ」で語り尽くす3/27

二軒目どうする?~ツマミのハナシ~ 6年目に突入

大学時代 ニュースステーション(1985~2004) 温天気キャスター乾貴美子(46)さん

新宿「きょうすけ」乾貴美子と語り尽くす店

店舗名炉端とおでん きょうすけ / ろばた焼き、おでん、居酒屋
住所東京都新宿区新宿3-6-9 山口ビル B1F
電話03-6457-7575
営業時間17:00~23:30 ※土日15:00~23:30
定休日なし
最寄り駅新宿三丁目駅
備考おつまみさんの名店レポート・朝井麻由美
一品目:刺身3点盛 1210円
二品目:トロサバ焼 418円
三品目:おでん(巾着176円・ホタテ串275円)
検索サイト食べログ
地図
スポンサーリンク

乾貴美子と語り尽くす

~まっくろレモンサワ^と日本酒で乾杯~
~目指していたのは~
大学時代にニュースステーションなどに出演し始めたが、目指していたのは放送作家
子供のころから、特にバラエティが好きだったので作る側に行きたかった。

一番刺激を受けたのが「天才たけしの元気が出るテレビ!!!(1985~1996)」

テリー伊藤演出の寝起きタレントをバズーカで襲う「早朝バズーカ」や「ダンス甲子園」など数々の名物企画を生んだ伝説の番組

出演者じゃなく、テリーさんに憧れて、伊藤輝夫時代
小学生から、憧れていた。

高校3年生の時にアポなしで、企画書を考えてテリー伊藤さんの会社に突撃した。
たまたまテリーさんがいて企画書に目を通してくれて「いいよ、明日からおいで」と言ってくれた。

浅草ヤング洋品店(1992年~1996年)
テリー伊藤演出 ファッションからユニークな人物紹介まで枠にとらわれない破天荒な企画で一世風靡

浅草ヤング洋品店になる前の番組時代に持ち込んだ企画が採用された。
ゴスロシの服が流行り始めた時期だったので「ゴスロリファッションショー」が採用された。

ロケ現場などにも高校生時代に連れて行ってくれた。

番組にハガキとかは一度もがしたことはない。
出す有機がなかったので、ハガキ職人ににはなれなかった。

なぜ、テリー伊藤さんの事務所に突撃できたのか?

~なぜ久米さんの横に?~
大学行きながらではできないので、本腰を入れるために途中でやめようかと思った。
そして、大学生だった証を親に残すために週刊朝日の「女子大生表紙シリーズ」が夏に行われていて、これに載るというのが大学生時代のせめての親孝行としようとした。
乘れさえすれば、中台もゆるされんじゃないかと・・・

採用されて、当時撮影してくれたのが篠山紀信さん

篠山紀信さんあどと打ち上げの時に飲んでいて、その時に編集者の人がいて、その方と初対面で大ゲンカをした。

その大ゲンカした人の所にテレビ朝日のスタッフがニュースステーションで「天気予報を読む女子大生を探しているんだけど誰かいないか?」と・・・

そして自分に声がかかった。

~週刊朝日の表紙~
本当は、服を着て撮るはずだった。
けど、篠山紀信さんがあなたは色気がないから、全然脱いじゃっても大丈夫よと言われた。

篠山紀信さんマジックに落ちた。

~放送作家の夢~
段々、テレビの仕事が増え、テリーさんの事務所にも行けなくなってきた。
本当は、放送作家になりたいのに天気予報を読んでいる自分に違和感を感じて原稿をうまく読むようになれなかった。

すごい評判が悪かった。
あの番組は、炎上商法だった!?

久米さんが意地悪で、ちゃんとできる人の中に出来ない人を・・・
異物をいれて盛り上げるという手法を取っていた!?

~久米宏さん直伝~
常識破りのアナウンス講座
いわゆるアナウサンー教室ではなく、大事なのは内容を正確に伝える事。
言い間違えてもいいんだ!いや、逆に言い間違えてもいいんだ!

その言い間違えに視聴者を逆に引きつかせる手法をしていた。
テクニックで間違える方法もあるんだと言われたが、自分はただ間違えていただけだった。

ベストテンのイメージだったのでニュースステーションの久米さんは怖かった(松岡)
宮崎は、当時ベストテンしかやっていたなくて福岡に出てきてニュースステーションをみて、久米のくせに偉そうだと・・・嫁が言っていた(大吉)

~結婚は~
結婚はしていて、娘は高校1年生で深夜ラジをを聞いてる。
娘の影響を受けすぎて、おすすめのYoutuberとかを教えてもらうと、ハマりすぎて娘より詳しくなってしまう。

情報収集能力が自分の方が長けているので、どうしても娘より詳しくなってしまう。

大吉さんは、男の目で乾さんを見ていた・・・!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました