スポンサードリンク

じゅん散歩 東京都港区 六本木駅~入場料要!次世代書店/文喫~伝説のディスコ/マハラジャ六本木~東京を一望!六本木ヒルズ展望台

スポンサードリンク

じゅん散歩 東京都港区 六本木駅~入場料要!次世代書店/文喫~伝説のディスコ/マハラジャ六本木~東京を一望!六本木ヒルズ展望台

東京都港区 六本木駅START→

六本木交差点に昭和389年にお店を構えて55年
喫茶店アマンド前(食べログ)は、携帯電話が普及するまで待ち合わせの定番スポットでした。

平成が始まった頃の六本木といえばバブル景気に沸いていた夜の街
そのイメージを一変させたのが平成15年に開業した六本木ヒルズ
4年後の平成19年、東京ミッドタウンも開業し六本木は、一躍東京を代表する観光地に、昼間も楽しめる街へと変化を遂げました。

六本木駅~入場料のかかる!次世代書店「文喫」へ

文喫
住所:東京都港区六本木6-1-20

青山ブックセンターが38年の歴史に幕を下ろしたのは去年6月

その跡地にオープンした文喫、入場料1620円を支払えば朝9時から夜11時まで好きなだけ本に囲まれながら過ごせるという新しいスタイルの本屋さん
蔵書は、科学・デザイン・アートなど 約3万冊、中には1冊数万円という高価な本もあり購入はできなくてもじっくりと読みたいそんな本好きの間で早くも評判となっています。

入場料 1620円
ドリンク 無料飲み放題

文喫~伝説のディスコが復活!「マハラジャ六本木」へ

マハラジャ六本木
住所:東京都港区六本木3-12-6 六本木プラザビル5F

昭和59年オープン バブル期を代表するディスコ

麻布十番のお店が 1999年(平成11年)に閉店 8年前平成22年西海岸新生マハラジャとしてこちらに移転

入場料
女性 2,500円
男性 3,500円

マハラジャ六本木~東京を一望!ヒルズ展望台「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー&屋上スカイデッキ」へ

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー&屋上スカイデッキ
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

平成を彩ったIT企業などがこぞって入居したオフィスビル六本木ヒルズ森タワー
その屋上は地上238mの高さから東京を見渡せる展望台になっています。

スカイデッキに持ち込めるのは、撮影器具だけです。

52階 屋内展望台
一般 1800円 / シニア1500円
※屋上スカイデッキへはプラス500円

コメント