スポンサードリンク

じゅん散歩 東京都江戸川区 一之江駅~キャンプ用品が楽しめる居酒屋/デイズキャンプ~歌舞伎俳優ゆかりの大雲寺

スポンサードリンク

東京都江戸川区 一之江駅~キャンプ用品が楽しめる居酒屋/デイズキャンプ~歌舞伎俳優ゆかりの大雲寺

東京都江戸川区 一之江駅START→

都営新宿線で新宿から30分の一之江

かつて、田畑が広がるのどかな街でしたが、15年くらい前からマンションがなどが増え、都心へのアクセスの良さからファミリー層に人気の街になっています。

駅前 「こまつなくん」 小松菜150円
一之江で生産された野菜の無人直売所

一之江駅~キャンプ用品が楽しめる居酒屋「デイズキャンプ」へ

デイズキャンプ
住所:東京都江戸川区一之江7-33-18

キャンプ用品店でありながら居酒屋としても営業しているユニークなスタイルのお店

販売している商品をそのまま利用した居酒屋メニューもあるため使い勝手を確かめたいというアウトドア好きやキャンプの雰囲気が好きな人たちに人気です。

折りたたみイス パタット300 2700円
シングルバーナー 8100円
ロジック・スキレット 4320円
スキレットで焼く大判オリジナルステーキ 1490円
ソーラーパフ ウォームライト 3672円

デイズキャンプ~歌舞伎俳優ゆかりの“役者寺”「大雲寺」へ

大雲寺
住所:東京都江戸川区瑞江4-11-5
創建400年

浄土宗の大雲寺 通称:役者寺
尾上菊五郎さんの息子:菊之助さんが襲名披露の時に来られています。

1668年に火事の被害を受けるまでは、芝居小屋が並ぶ浅草にあった事が縁で初代尾上菊五郎や初代中村勘三郎など56人の歌舞伎役者が眠っています。

役者の死去を知らせる死絵は、故人を偲ぶためごひいき筋に配られていた浮世絵で名前や追悼の句が添えられたいわば号外のようなものだったとか…
追悼の句「かねて行く 道とは これか 蓮華草」など

大雲寺は、5カ月前から門の基礎部分を修復中
建築物の土台を修復する際に建物を持ち上げ移動させる曳家
先日、曳家の技術を使って門を15メートルほど移動させたそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました